初心者でも大丈夫!ゴルフは気軽に楽しめる☆

クラブの種類

ボールをクラブに当てるだけなんて、なんて簡単なスポーツだと思う人もいるかもしれませんが、実はゴルフはとても難しくて奥の深いスポーツなのです。
簡単と思っていても、なかなか思い通りに進まなかったりして、練習が必要なスポーツでもあります。
というよりも、まずは練習から始めて、ある程度打てるようになったらゴルフ場でコースを回るべきでしょう。
まず、今後もずっとゴルフをしていきたいと思っている人は、自分専用のクラブを購入する事をおすすめします。
毎回レンタルでは高くつくし、自分の打ち方が定まらないからです。
ゴルフクラブと自分の打ち方の相性もあると思うので、ゴルフをする際は、自分に合ったクラブを選ぶ事が必要となります。
ゴルフクラブには大きく分けて五種類あります。
一つはドライバーで、ティーグラウンドから打つ時に使います。
一番飛距離が出ますが、まっすぐ綺麗に飛ばすのは難しいです。
二つ目はアイアンです。
アイアンには1番アイアンから9番アイアンがあります。
また、その他にもピッチングウェッジ、バンカーからの脱出の際に使用されるサンドウェッジ、ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のアプローチウェッジ、グリーンへの寄せのためのロブウェッジがあります。
ドライバーに比べて、球を飛ばす事よりも、ボールを正確な位置に打つための道具です。
最後にパターです。
これはグリーンの中でカップに入れるためのクラブですが、ピンタイプとマレットタイプがあります。
その他に、ティーグラウンド以外でも距離を打てるフェアウエイウッドや、フェアウエイウッドとアイアンの中間であるユーティリティなどがあります。
また、ゴルフクラブは様々なメーカーから様々な形が発売されています。
どのクラブも使う人によっては非常に良い結果となるのですが、やはりある程度練習をしないとそのクラブに合った実力を出す事が出来ないと思います。
とは言っても、最初から相性の合わないゴルフクラブを持つのももったいないと思うので、まずは試し打ちが出来るところならさせてもらいましょう。
大きいゴルフショップなどならそのようなスペースを設けている場合があります。
そして、自分は何を買うと良い結果が出るのか、というところをまずはゴルフの知識と一緒に研究しましょう。
ネットやゴルフ情報誌などでも見る事が出来ます。
ゴルフクラブにはそれこそ数えきれない程の種類があるので、焦らずじっくりと購入を決めるようにしましょう。
Copyright (C)2021初心者でも大丈夫!ゴルフは気軽に楽しめる☆.All rights reserved.