初心者でも大丈夫!ゴルフは気軽に楽しめる☆

プレイ時の服装

気を付けておきたいゴルフのマナーの中に、服装があります。
服装をきちんとする事が義務付ける事によって、高貴なスポーツとされてきたのです。
しかし、ゴルフだってスポーツの一種なんだから、服装は動きやすいもので良いと思っている人もいるかもしれませんが、実は、ゴルフをプレイする際にはゴルフに適した服装があるのです。
また、ゴルフの服装とは、来場時と帰宅時の服装、そしてプレイ中の服装と三種類があります。
全て同じ格好をする必要はないので、いつどのような服装をすれば良いのか、覚えておくようにしましょう。
まず、ゴルフは紳士的なスポーツであるという点から、ラフな格好は基本的には禁物です。
例えば、結婚式や葬式に行く際にもドレスコードがありますが、それと同じように、ゴルフにもふさわしいドレスコードがあるのです。
昔は全てのゴルフ場が会員制のメンバーシップであるのが当たり前でしたが、最近ではメンバー以外のビジターにもコースを解放しているところも多く見られます。
それによって、昔よりも敷居が下がったものの、服装くらいはきちんとしていきたいものです。
あまりにもひどい服装をしている場合は、プレイをさせてもらえない場合もあるので、そうならないためにも、服装の基本はおさえましょう。
まず、ゴルフ場に着いたら、必ず入らなくてはいけないのがクラブハウスです。
クラブハウスで受付をしますが、このクラブハウスに入るときにも服装に注意します。
まずジャケットを着用します。
ただし、夏場は着用しなくても良いというところもあります。
ジーパンやTシャツ、短パン、サンダルはいけません。
シャツは襟付きで、裾出しはいけません。
短パンの場合はロングソックスを履きます。
そこからロッカーへ行き、プレイの服装に着替えるのですが、ここでも服装に注意です。
基本的に来場時もプレイ時もラフな格好はいけないという決まりがあります。
だから、来場時とプレイ時は、自然と同じような服装になるでしょう。
しかし、プレイ中はドレスコードに合わせて、安全性や快適性、動きやすさなども考慮しなければいけないので、襟付きのシャツに帽子、ロングソックス、もしくはパンツ、そしてグローブといった格好が必要になります。
裾を出したり、帽子がなかったり、首にタオルをかけていたり、短パンにショートソックスなどはだらしなく見えてしまいます。
ただし、全てのゴルフ場がこんなに服装に厳しい訳ではないので、事前にプレイするゴルフ場に服装規定について問い合わせると良いでしょう。
Copyright (C)2021初心者でも大丈夫!ゴルフは気軽に楽しめる☆.All rights reserved.