初心者でも大丈夫!ゴルフは気軽に楽しめる☆

詳しいルール説明

一度はゴルフをやってみたいと思っている人もいると思います。
というのも、ゴルフとは非常にメジャーなスポーツであり、近年特に注目されているスポーツでもあるからです。
プロゴルファーでも有名な選手がたくさん出て来たり、各地で大きな大会が催されたりと、ゴルフが人気のあるスポーツである事は間違いありません。
老若男女問わず出来るスポーツという事でも、人気を得ているところがあると思いますが、これからゴルフをしたいと思っている人で、詳しいルールを知らない人も結構多いのではないでしょうか。
やってみたいけど、ルールがよく分からないといった場合は、なんとなくプレイするのを敬遠してしまうと思います。
そこで、ここではゴルフの詳しいルールを説明します。
しかし、全てのルールは説明しきれない上、ゴルフは非常に奥の深いスポーツです。
ルールがあるとはいえども、やはり自分流のプレイの仕方を研究する必要があります。
一度はテレビなどで見たことがあると思いますが、ゴルフとは、ゴルフボールをゴルフクラブで打つスポーツです。
一見すると簡単そうという印象を持つ人もいるかもしれませんが、実はとても難しく、練習を積まないと上手に球を打つ事が出来ないと思います。
そして、ボールを打つのにもしっかりとルールがあります。
しかし、その前にコースを回るにあたって、必要な道具がきちんと揃っているか、服装がふさわしいかなどを自分でチェックしてください。
ゴルフボールは多めに持っていき、クラブは14本以下と定められています。
自分のボールに目印を付けておくのも大切です。
そして、一球目を打つときは、ティーグラウンドに立ちボールを打ちます。
最初はクジで順番を決めますが、それ以降は前のホールでスコアの良かった人から打ちます。
また、人が打つときは、邪魔にならないとこで音をたてたり、動いたりしないようにして待機します。
自分の打ったボールがコースから出てしまった場合はOBとなります。
大体OBになるようなところには、白色、または赤色の杭が立っています。
グリーンに入ったらパターを使ってボールを入れますが、人のボールの邪魔になるときは、マーカーを使って印を付けてボールをどかします。
グリーンの中にパター以外のクラブを置いたり、走ったりしてもいけません。
ゴルフは点数が低い方が勝ちのスポーツです。
OBや粗相などをしたら点数が加算されてしまうので、注意してください。
その他にもルールはたくさんあるので、プレイの前には確認しましょう。
Copyright (C)2021初心者でも大丈夫!ゴルフは気軽に楽しめる☆.All rights reserved.